スイートオアシス 菓匠Shimizu

シェフのブログ

清水慎一の頭と心の中にある様々な夢、想い、思考、日々の出来事の中で感じたことを綴ってまいります。

  • 社内で起こっていることがお店でも起こっている

    「顧客第一」とか「顧客満足」という言葉がある。
    当然ながら、商売する上で大切であり、それがなければ価値ある商売とは言えない。

    しかし、顧客の喜びや感動というものは、「結果」でしかない。
    どんなプロセスの結果かというと、社内の日常の結果。

    一緒に働く「仲間」同志の関係性がそのまま顧客との関係性になる。


    関係性といっても、難しいことではなく、
    社内が風通しよく、
    何より明るく、
    毎朝全員が気持ちよく挨拶を交わし、
    「ありがとう」や「すみません」といった心の通い合う会話ができる人がたくさんいる組織。


    それがない組織に、
    到底顧客の喜びなど作れる訳がない。



    社員同士で励ましあい、慰めあい、補いあうことができない組織が、
    「結果」を創ることなどできない。



    だからこそ、一番大切なことは、
    「一緒に働く仲間」へのおもてなし。


    社内の日常が、そのままお店の日常。


    日常の中で、それが普通にできるからこそ、
    お客様の前でもそれが普通にできる。

    お客様の前だけで、いい顔をしたりしようなど、相当の演技派の役者でも難しい。


    上辺だけを取り繕うことができたとしても、
    化粧はできたとしても、

    「目」には化粧ができない。

    その人の本質は、目に出る。


    目に出るということは、普段から心底思って徹底的に実践していなければ、
    それは、目に出てしまうということ。


    なにより、明るい会社は気持ちがいい。
    元気な挨拶や返事、聴いていて気持ちのいい会話のある会社は清々しい。

    技術やセンスをもちろん大切だが、
    気持ちのいい環境があるだけで、仕事ははかどるし、
    いいアイデアも出るし、いい商品創り、いい接客につながる。


    幼いこどもへの提言のようだが、
    やはり「人として」あるべき姿、大切なことを大切にする姿が、
    その組織の社風として何より大切なことであると思う。


    一人一人の思いやりを超えた「思いあい」を、
    更に今年は増やしていけるように社長が一番ワクワクしながら、
    スタッフをおもてなししていきたいと思います!!!!

    【社長の社員へのおもてなしの結果が、社員のお客様へのおもてなし】

    肝に銘じていきます!!!

  • 気が利く人

    気が利く人ってどんな人?


    予想通りのことをする人?

    期待したことを満足させてくれる人?

    思ってもみなかったことをしてくれる人?



    サプライズなんていらない。

    相手が驚くような大きな感動のウルトラCなんていらない。


    ほんの少しだけ、ちょっと嬉しいって感じてもらえることをすることが大切。


    して欲しいと思っていることを、して欲しいと思ってるときに、して差し上げること。


    欲を言えば、相手がして欲しいと思うちょっと前に、それを察してして差し上げること。




    気が利く人は、いつも中心が自分じゃなくて相手にある。


    自然に観察して、察知することができる。


    自分の立場じゃなくて、相手の立場で考えることができる。

    これができる人が、視野が広い人。

    自分のことだけじゃなくて、誰かのことをいつも考えている。

    しかも、自分のやるべきことは淡々とやる。



    その上で、いつも誰かを喜ばそうとしている。

    ほんの小さな行動で。ほんの些細な言葉で。



    その積み重ねが、信頼になり、感動になる。


  • 答えは一つではない

    善か悪か。

    白か黒か。

    そんな風に割り切れるような簡単なことばかりではない。

    善は、時と場合によるし、対象の人によっても悪となり、
    白は光の当たり方では、時として黒にもなる。


    善悪でなく、白黒でなく、
    中庸、グレーなことが得てして多い。


    自分の知識や経験だけで、すべてを判断できるはずもない。
    でも、自分の判断を信じることは大切だ。

    そのとき、その瞬間の自分の直感を信じよ。



    人の意見を聴くことも大切だけど、

    世の中の様々な意見に惑わされるな。
    インターネット上の情報に振り回されるな。
    踊らされるな。
    そんなことに一喜一憂する必要はない。


    得る必要のない情報は、見るな、聴くな、関わるな。
    そして、周囲に対しても、余計なことは言わなくてよろしい。


    事実は唯一無二だが、真実とは、人の数だけある。

    世間には無責任な評論家がたくさんいる。

    人にはそれぞれ考え方や感じ方捉え方がある。


    それすら、善でも悪でもない。


    只一筋に、愚直に、謙虚に、
    自分の信じた道を一歩ずつ進んでいこう。



    正直者ほど傷つきやすいけど、
    誰かを傷つけるよりはそっちの方がいい。











  • 気づきを増やすためには?

    「気付き」というものがその人の魅力を左右する。

    気付けないから、人に嫌な思いをさせてしまったり、
    気付いたから、喜んでもらえたりする。


    その気付きは、どうやったら増えるのか。

    それは、「常に相手の立場で考えること」。


    自分のことしか考えない人は、気付きが少ない。

    自分だけじゃなくて、周りのいる人の立場を慮ること。


    自分一人のアンテナじゃなくて、周りの人へのアンテナを張り続けること。



    仕事をする上で3種類の人がいる、という。

    一つ目は、言われたこともしない人

    二つ目は、言われたことはする人

    三つ目は、言われたこと以上のことをする人


    一は論外、二は当たり前、三が必要とされる人たち


    それは、いつも観察して、察知して、想像してるからできるようになる。


    ただやっている人には、その感覚がない。
    言われたからやっている、そんなのは誰も喜ばない。


    ごみを拾うときも、ごみを拾うだけではいけない。
    そこに、プラスアルファを自分で付け加えることで価値が高まる。


    「このくらいでいいか」とか「こんなもんだろ」という意識では、
    気付きなど増えないし、人を喜ばすことなどできない。

    周りから、「そこまでするか」と言われるほどに、
    難しくないことを徹底的にやり続けること。



    常に周りに目配り、気配り、心配りを。

    自分のことよりもまずは相手のこと。


    気付けることで魅力が増す。

    気付けることで他喜力発揮の場が増える。



  • 自己評価よりも他者評価

    新年社内訓示抜粋

    自分がどんなにがんばっても、それが人に評価をしてもらえないものだとしたら、がんばり方を変えなさい。

    自分が納得した物を作っても、それが人に評価してもらえないものだとしたら、それはただの自己満足。


    世の中の評価は、自分ではなく他人からしてもらえてはじめて価値が付く。

    いくら自己正当化をして、自己アピールをしたところで、それは負け犬の遠吠えに等しい。
    認めてくれない人を攻め始めたりしたら、もう完全に負け犬。


    それは、時に理不尽だと感じるかもしれない。でも、それが現実。

    どう受取り、どう解釈し、どう改善工夫をするか。


    わかってくれないことの愚痴や不平不満、それができないことの理由を並べても、何も変わらない。


    何のために菓子をつくるのか。

    何のために菓子を売るのか。

    何のために働くのか。


    人から認められるためにやってる訳ではないが、そこがスタートだということ。


    周りから応援され、認められ、放って置かれない存在になろう。